読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年11月台湾旅行記① 台北グルメエンジョイと竹森で飲んだくれ

念願の台北に2泊3日の弾丸で行きました。

今回は航空券とホテルのパッケージを購入。tripadvisorで立地がいいという口コミだったこちらをチョイス。

福泰桔子商旅 林森店(フォルテ オレンジ ホテル リンセン) (Orange Hotel-Linsen, Taipei) -台北- 口コミ・価格比較・予約

日本人街の飲み屋さんが並ぶ「竹森(リンセン)」界隈のすぐ近くで1日目の帰りはめっちゃ楽ちんで素敵でした。部屋はビミョ〜な感じだったけど、まぁ寝るだけなのでいいかなと。

キティづくしのエバー航空の飛行機で12時に羽田を出発して現地時間の15時半には台北松山空港に到着。出発前に羽田で食べたお寿司がとっても不味い、、という状態から幕開けた旅行。

準備ギリギリだった我々は行きたいところをチェックする時間もなく飛行機の中でまっぷるを見ながら行きたいところの目星をつける。(やっぱりこういうガイドブックって、網羅的にそれっぽいところ抑えるにはいいよね・・)今回は現地で知り合いと合流予定だったので、その前にサクッと食べられそうな餃子とマンゴーかき氷をチェックしました。

着後ホテルでちょっと荷物を整理したら、近くを散策しながら歩いて餃子へと向かいます。

f:id:jagmari:20141116163343j:plain

f:id:jagmari:20141116164843j:plain野良猫もいます。

北京の時も思ったけど、漢字の国だからか、異国感がとっても薄い。特に台湾の町歩いてる人たち格好もあんまし変わらないからなんというか東京にいるみたい。セブン-イレブンとファミマという日本のコンビニもあちこちにあるしね。

で、餃子!お店に入ったら即おばちゃんに「スイギョーザ?ヤキギョーザ?」と聞かれます。「ヤキギョーザ!」と注文してきたのがこれ。

f:id:jagmari:20141116163543j:plain

どーん!10個で100元。一個一個がデカくて多い。この時のレートは1元=4円くらいだったので400円くらいかな。皮が厚くてモチモチだけど具はたっぷりで美味しかったです。

行ったのはここ。

華北餃子館 [台北]のグルメ・レストラン 徹底ガイド - フォートラベル

一見大丈夫かな・・・?やってる・・・?って感じの店構えだけど暑がってたら扇風機持ってきてくれたり優しいお店でした。店先で餃子作ってるところも見られます。

食べ終わったらすぐにタクシーキャッチして、永康街の方へ。日本の原宿みたいな雰囲気の街で、金曜日の夜に若者がたくさん集っていました。

かき氷はICE MONSTERが美味しいよとは聞いてたんですが時間の都合上こちらに。

思慕昔(スムージー)[Smoothie House ] | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

f:id:jagmari:20141116164450j:plain

氷がなぜかモチモチした食感。感想はまぁまぁ・・・かな。マンゴーはセブ島の方が圧倒的に美味しいかなっていう感じ。お店自体は地元の若者がいっぱいいてほぼ満席。

f:id:jagmari:20141116164531j:plain

2階席から見下ろした永康街の様子。斜め向かいの麺屋さんが超行列でした。

今度はメトロに乗って、先に到着していたメンバーと合流して晩御飯。

台湾のメトロは券売機でお金を入れるとICチップ入りのプラスティックのコインが出てきて、それをsuicaみたいに改札にタッチしてホームに入ります。

f:id:jagmari:20141116164957j:plain

地下鉄は明るいし綺麗だしとっても安全な印象。北京は空気悪くて匂いも気になったんだけどね・・混んでても乗車マナーがよいので安心です。

向かったのは忠考新生駅近くの済南鮮湯包。

済南鮮湯包 [台北]のグルメ・レストラン 徹底ガイド - フォートラベル

http://instagram.com/p/vGxsODHpLc/

f:id:jagmari:20141116165510j:plain

この為に台北来た〜ってくらい楽しみにしてた小籠包。普通のお肉のと、かにみそと2種類注文。普通に美味しかったけども日本で食べる以上だわ〜〜ってまでの感動はなかった(笑)

店内はキレイ目で、日本人のお客さんもちらほら。地元の人っぽいグループは食べ終わったらさっさと帰る感じ。あんまり飲む文化がないと聞いていたけど本当みたい。(ビール飲んでたの私達のテーブルだけだった)そもそもメニューにビールがなかったみたい。

餃子とかき氷食べてたので他のものはほとんど入らず、しばらく飲み食いしたら散策しつつ、竹森(リンセン)という日本人がよく行くという飲み屋街へ。そこでもうひとりと合流しました。

竹森はひっそりした路地なんだけれども、日本人向けのお店が立ち並んでいます。台湾在住の日本人が飲みに来るよう。スナック的なお店も多いです。入ったお店で出してるおつまみも枝豆やたこ焼きなど日本メニュー。日本語の看板ばっかり出ています。

f:id:jagmari:20141116170323j:plain

f:id:jagmari:20141116170401j:plain
▲日本語OKの看板

金曜日の夜なのにほとんどお客さんが入ってる感じがしなかった。ここでダーツバーと卓球バーの2件に行き、深夜1時くらいに解散。ホテルはすぐ近くだったので、3分で帰ってzzz。夜も出歩いてて安全な印象を受けました。次の日へ続く。

 

二日目の話はこちらから


2014年11月台湾旅行記② 台湾式朝食と台北101近くのローカルフード - that was then, this is now


2014年11月台湾旅行記③ 九份でお茶会 - that was then, this is now